あなたのお尻はショーツ次第で決まる!お尻を美しくする方法

ステキなおしり

たるみは体調不良の原因

お尻がたるんでいるということは、加齢の象徴です。ただお尻がたるむだけでなく、骨盤が開いて体調不良も起こしてしまうのです。美容のためだけでなく、健康のためにもお尻を引き締める下着について知りましょう。

くびれが大事

小さくならない

日本人は筋肉量も少なく、細い人が多いので、お尻が大きいとなんだか恥ずかしいという人が多いです。そのためショーツやガードルはお尻を小さくするものばかりとなっています。しかしどんなに良いパンツやショーツを履いても、小さくならないと悩んでいる人は多いです。人間の体には様々な形がありますし、体質もあるので、これは仕方のないことです。

大きくても良い

ではお尻のことは諦めれば良いのかというとそうではありません。
お尻は大きくても良いのです。
どういうことかというと、お尻の形は要するにくびれが重要なのです。
実際、人間として魅力的なプロポーションの研究を行なった結果では、細さよりもそのバランスを人間は重要視するという結果が出ました。お尻に対してウェストが7:10であると、人間は魅力的に感じます。

キュッと上がっている

ではそのままで良いのかというと、そうでもありません。お尻が垂れ下がっていたり、ウェスト周りの贅肉があると引き締まっていないように感じてしまうので、ちゃんと引き締まった体を作れるように補正ショーツを活用しましょう。

お洒落も楽しみたい

ショーツは見えないところにあるからといって、そっけないデザインだと面白くありません。補正ショーツであっても最近はデザインも充実しているので、デザインで選ぶのも良いでしょう。デザインにはレースが多いものもありますが、スポーティなものもありますので、バリエーション豊かに選ぶことができます。

良いお尻は正しい知識から作る

お尻

サイズを把握する

正しいお尻のサイズを知ることから、美尻への道は作られます。小さすぎるショーツでは肉がはみ出し、その形のままお尻が形成されてしまいます。そうすると太ももとの境界線もなくなってしまうので、正しい着け方も学ぶようにしましょう。

READ MORE
婦人

下着の歴史を学ぶ

良い下着というものは、歴史の積み重ねによって開発されてきました。ファッションによって下着の形も変わるのも面白い点です。ただ、今の時代はお尻を整えるためには難しい時代でもあるのです。知識を蓄え、美尻の対策をしましょう。

READ MORE

美尻を作るためにはどうすればいいの?

出産によって体型が崩れるのが心配

妊娠中の人にとって体型が変わることは心配ですし、出産した後しっかり戻せるのかも不安です。普通のショーツは妊婦には合いませんので、妊婦用のものを選ぶようにしましょう。お腹のハリをしっかり支えてくれます。

ローライズのジーンズから補正ショーツがはみ出る

これはある程度仕方のないことです。最近のファッションはどれもお腹が見せられるようなものになってしまっています。補正ショーツにはおへその下からカバーしているものもあるので、そういったタイプを活用しましょう。

可愛い補正ショーツってありますか

最近はスッキリしたデザインでビタミンカラーの下着も出てきていますので、もし見られてしまったとしても恥ずかしくありません。見た目にも配慮されていながら、機能性も抜群なので、ずっと履いていられるでしょう。

どんな下着を履けば美しいお尻になれますか

お尻の美しさとは、太ももとお尻の境界線があるかどうか、キュッと上がっているか、ウェストがくびれているかです。これを総合して考えると、お尻もお腹も全体的に包み込むようなものが良い補整下着といえます。

補整下着を履けばダイエットにもなるの?

骨盤が開いていると、内臓が下に下がってしまい、代謝が落ちるといわれています。しかしショーツで骨盤を締めることで、代謝がアップし、動かしづらかったお尻や太もも裏の血行がよくなりダイエットになるのです。

普段から対策する

女性は年齢や体調によって大きく体が変化します。そのため、普段から補整下着を使い慣れておくことが大切です。通販でも様々な形式の下着が販売されているので、体作りに役立てることが可能になっています。

広告募集中